ラボ用オゾン発生器

OZONE GENERATOR:OZSD-15GL

資料のダウンロード

周辺機器

PSA酸素濃縮器

オゾン分解器

特長

①コンパクトなサイズで最大濃度200g/m3が発生可能です。

②PWM制御方式のためオゾン発生量を0~100%の全範囲で調整でき、緻密な調整をする事ができます。

③両面水冷式のため、周囲の気温に左右されず、常に一定濃度のオゾンを使用することができます。

④オゾンモニタによるフィードバックコントロールができるため希望の濃度に設定することができます。

⑤インターロック接点によりオゾン発生器の運転・停止が遠隔で行えます。

⑥オゾン発生部はダストの発生しないオール石英製、継ぎ手はオールテフロンを使用し、

 発生オゾンは非常にクリーンです。

発生特性

 個別仕様

Switch to mobile version